2013年08月25日

岡山にて

お盆にかけて一週間ほど実家へ帰っていました。
なんでもそうですが予想外のことは常に起きるもので、
なかなか計画通りにはいかないもんですねぇ。
暑くもあったし、頭の中はパニック状態(はちとオーバーか)
更新を控えていたのは、またブログ継続が危うくなってきたからで、
さきほど、それも解決のめどが立ち(これも怪しいけど)岡山での写真をアップすることにしました。

P1030834.JPG
一足先に来て翌日帰る次女と、母を連れて後楽園の幻想庭園へ。
岡山城もライトアップ。

P1030840.JPG
きれいだったけど。

P1030844.JPG

P1030849.JPG
なんだかクリスマスっぽい。。。

P1030852.JPG
後楽園へわたる鶴見橋のたもとにあるカフェ「moyau」
この辺りは城下の商人が軒を連ねていたらしく、
ここも倉庫を改装した古い建物。
二階は座敷らしい。手すりのない急な階段だったので、私たちは下のスペースで。
若者に人気があるみたいです。
次女が知っていた。

P1030850.JPG
蛙の置物がユーモラス。

P1030854.JPG
空には美しい半月。
でもすごく暑かった。





posted by strauss at 15:01| Comment(0) | 岡山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

実家にいます。

色々あって、何だかおちつきません。
生きているってそういうことですよね〜

image.jpg

image.jpg

実家のモモはメキシコ原産の犬種。
暑さに強いらしい。
わざわざクーラーをつけてない部屋で寝ている!
posted by strauss at 16:44| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

原爆忌

68年前の今日、広島に原爆が投下されました。
街頭インタビューで、1945年8月6日が何の日か知らない若い人がいるのに驚かされます。
広島と長崎に原爆が投下されたことは知っていても正確な日は覚えていないということでしょうか。

1分の黙とうのあと、式典での広島市長の平和宣言を聴きました。
被爆者の声を盛り込み、核兵器を「絶対悪」としました。
脱原発には触れませんでした。
あくまでも原爆と原発は違うとの認識です。
核拡散防止条約(NPT)に加盟していないインドの原子力協定や、
NPTの再検討準備委員会において、核兵器の非人道性に関する共同声明に賛同しなかった政府に批判はせず、
NPTの強化、堅持を求めるにとどめました。

    

     きよらかな川のながれや原爆忌

posted by strauss at 09:14| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

夏は読書に限る!?

エアコンの効いた部屋でのんびり読書。
そんな快適な毎日が過ごせたら……。
実際は汗だくになって色んなことしてます。
ただ、ここのところ涼しくていい感じ。
さて最近読んだ本。

吉田修一著「路(ルウ)」

商社の現地駐在員・多田春香
商社マン・安西
台湾の大学生
台湾で育ち終戦後日本に帰った老人
日本で建築家として働く台湾人青年
それぞれの視点の日常が、台湾新幹線の着工を巡って少しずつ絡み合い始める。
春香が6年前に旅した台湾で出会った人への強い思いが、不思議な縁を繋いでいく。

読みごたえがあった!
大いに楽しみました。
お薦め。


絲山秋子著「忘れられたワルツ」

東日本大震災の前後の生活を、人間関係を軸に描く短編集。
はっとするような設定も多く、
それぞれに興味深く読んだ。
お薦め。


西加奈子著「白いしるし」

失恋の打撃からの立ち直れない時間を長く過ごした画家の主人公。
二度と恋などしないと思っていた。
友人に連れられて行った画家の個展で、その画家の絵を見た瞬間から心を奪われてしまう。
辛い恋が始まる。
関西弁の会話がいいなと思う。
切なさが増幅する。
少し前に読んだ「炎上する君」に比べると数段好き。


原田マハ著「ジヴェルニーの食卓」

短編集だけれど、表題作だけとりあえず読んでみた。
モネの絵を、人を、尊敬し愛した一人の女性の視点から、クロード・モネを描いている。
睡蓮の池、彩り豊かな庭。
TVで観たことのあるその庭や、実際規模は小さいけれど再現されている直島のモネの庭を思い浮べながら読みました。

ちょっと苦手感を持つ作家さんなんだけど……。
他のも読んでみます。
「楽園のカンヴァス」挫折経験者の私。
その時の自分の状況に左右されるから。
気が向いたらもう一度読んでみようかなと。


湊かなえ著「望郷」

瀬戸内海に浮かぶ島を舞台に描かれる短編集。
島を去る者、島へ帰る者、それぞれが深い事情を抱えている。
推理作家協会賞受賞作「海の星」は推理作家の目で読むとやっぱりすごいんだろうな。
どの話もそれなりに面白く読んだけれど、
やっぱりミステリーの短編は物足りないかな。



これらを読みつつ、合間に中島誠之助さんのエッセイを二冊読了。
面白かった。
今抱えている本がたっぷりあるので、ちょっと幸せ気分♪










posted by strauss at 12:07| Comment(0) | 本、雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

朝の風景

P1030803.JPG
今朝は久しぶりに朝から陽の光。
森の中のグラウンドには大勢の人が集まって、ラジオ体操は壮観!

P1030804.JPG
体操を終えて公園内を歩くのですが、色んなことをしている人たちがいて面白い。
この方たちは紙ヒコーキを飛ばしています。

P1030796.JPG
いつも散歩させているウサギちゃん。飼い主が呼べばちゃんとやってくるんです。お利口さん。

P1030802.JPG
羽化したばかりの蝉。皆さん珍しがって写真を撮っています。

P1030809.JPG
いつも会うこの子はポポちゃん。
犬は品評会くらい沢山の種類と数です。

P1030812.JPG
涼しげな配色の花壇。小学校の周囲にあり、ボランティアの方が世話をしていらっしゃるようです。

体操も何とか続いています。
顔見知りも増えました。
私の年代以上の方がほとんど。
小学生はどこでラジオ体操をしてるんだろう。
目黒不動尊でも体操をやっていると小耳に挟んだので明日はそっちへ行ってみようかな。


posted by strauss at 09:41| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

投票日

昨日は珍しく9時台に本を持って横になる。
眠ったのは10時過ぎくらいで、朝の6時までぐっすり!
ここ数日しのぎやすくすっかり寝不足解消です!

ウォーキングとラジオ体操の帰りに投票所に寄って投票を済ませました。
途中コンビニの前のベンチで水分補給。
隣でスポーツ新聞を読んでいたおじさんに時間を尋ねたら、
「ああ今日は投票日か。行ったことねぇよ」
と仰る。
わたし 「行かないとだめですよ」
おじさん「だれがやっても同じだしな」
わたし 「そうかもしれないけど」
おじさん「役人と芸人が大嫌いなんだ」
わたし (なんでそうなると思いつつ)「でもいないと困りますよね」
おじさん「いいことばかり言って裏で汚いことしてるからな」
わたし 「誰にも裏表ってありますもんね。でもちゃんとしてる人もいると思いますけど」
おじさん「千葉まりあなんか隠し子がいて」
わたし (目が点…ふるい話だなぁ。しかも括りすぎ)
おじさん「父親を明かさなかったな」
わたし 「はぁ」
 
そこで犬を連れた方がベンチの傍に犬を繋いでコンビニへ入って行った。
もう一人そこに立っていたおじさんと二人で可愛いですね〜と頭をなでたりしたのを潮に、
じゃ、投票してきますとその場を後にしました。

色んな人がいますよね。

息子が投票所入場整理券を持たずに出て行った。
時間に間に合うように帰ってこられるのか?
むむ……。


posted by strauss at 10:18| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

継続

一時はこのブログをやめるつもりでいたのですが(引っ越しのため)
継続が可能と今日はっきりしたので、また改めてこちらで記事を更新することにしました。
「風のワルツ」の方は慣れるまで時間がかかりそうなので、(セキュリティ面で設定を変えたのでものすごく面倒になった)とりあえず放置。
引っ越し準備のため、しばらくはちゃんとした記事をアップできないかもしれませんが、
良かったらたまに覗いてください。
そのうちに面白いこと載せられるようになるかも(笑)しれないし。

本は相変わらず乱読状態です。なかなか面白いのにあたりません。
あ、でも、小池真理子さんの「二重生活」は面白かった。心理サスペンス的要素もあって。
他には題名も忘れたけど、ハリウッド映画的構成の安心して読めるものを二冊。
著者は違うんだけど構成がもうほとんど同じ。(あとでタイトルを思い出してみます)
そう言えば、芥川賞と直木賞が決まりましたね。
芥川賞の藤野さん、2007年の候補作を読んだときの印象を遡ってみてみたらあまり言及してなかったから、その時は文体が好きではなかったのかも。そのうちに読みます。
直木賞の桜木さん、何年前か文春の新人賞作品「雪虫」を読んで、好きな世界だなぁと思ったことをよく覚えています。確か北海道の牧場が舞台だったような気がする(調べなくちゃ)。雪虫が舞う情景がとても美しかった印象があるんだけど……。主人公の女性と男性の絡みのシーン(その男性は幼馴染だったか、一緒に働いているだけだったか、やっぱり全然覚えてない)

話があちこちに飛びますが、
昨夜シアターコクーンで「盲導犬」を観てきました。
気が向いたので、久々にアングラっぽい芝居。
唐芝居が好きな人ならテントででも面白いかもしれないけど、私は蜷川演出とキャストで観られたのかも。(上品に仕上がってたからか?放送禁止用語連発だけどね…笑)
印象的なセットの使い方も多々あって、難解だけど楽しみました♪
白紙の状態で行ったので、公式サイトがあるかなと思って探したら、一部のシーン映像がありました。
幕明け、本物のシェパードが6匹ほど出てくるのですが、一匹がビビりまくっていた。役者の顔を見るのじゃなくて振り返って他の犬の様子を窺っていたりして、犬に同情してしまいました。タレント犬も楽じゃないですね。
宮沢りえ、汗だくの演技。
古田新太、歌うまかった。
個人的には木場勝己が良かった。
コロスは2階席でよく聞き取れない時も。重要なんだけどね。
28日まで。

こんな感じですが、これからもよろしくお願いします!

posted by strauss at 12:12| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

梅雨が明けましたね!!

先週から今週頭にかけて旅行に出ていました。
東京→盛岡→長野→小布施→能登・和倉→金沢→東京
と移動に時間のかかる旅でしたが、
あそこではここを、あっちではこれを、と焦点を絞っていたので広範囲に廻った割には充実していました。
写真をアップしたいと思っていたのですが、
多分、近いうちにここをやめて他へ移行することになるので、
記事も極力抑えようと思っています。
で、写真だけアップしていた「風のワルツ」の方へこれからは記事をアップしていきたいと思っています。
これからもよろしくお願いします!
posted by strauss at 15:39| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

つづき

おー朝は順調♪

夜のパレード
P1030690.JPG

P1030694.JPG

P1030697.JPG

P1030704.JPG
夜のパレードも隙間から覗いて観たので、写真は難しかった。
でもきれいだった。

P1030675.JPG
ランチは冷麺。

P1030689.JPG
夜はこのボリューミーなワッフルとスモークターキー。

久しぶりにワクワクしてきました。
また行きたい!と思ってしまった。
30周年のディズニーランドでした!




posted by strauss at 06:24| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

20数年ぶりの♪

昨日ディズニーランドへ行ってきました。
雨の心配をしながら出かけたのに、真夏のような日差し!
きっと普通よりは人出も少ないよね、梅雨だしね、なんて希望的観測をしつつ。
ところが新木場に着いた時点でホームには人が溢れ……。
舞浜駅は言うに及ばず。
入場口も長蛇の列(もっともスムーズに流れましたが)。
子供の年齢を計算しつつ指折り数えると、何と20数年ぶりです。
迷うだけで終わってしまったら悲しいので、
ディズニーシーとフロリダのランドの2か所で結婚式をした友人(精通している)を引っ張り出し、
全てお任せで巡ってきました。
それはもうラクラク♪
あそこ行きたい、あれ乗りたいと我儘言い放題に嫌な顔一つせず(二回り近く歳が違うから〜)
しっかり案内してくれました。
ディズニーランドってほんと凄い!
抜かりはないというのはああいうことを言うんだろうなぁ。
楽しんで来ました!

P1030677.JPG

P1030680.JPG
パレードは場所取りして観たわけじゃないので、写真も後姿とか、横顔とかそんなのばっかり。

P1030685.JPG
いろはすのラベルもディズニーランド仕様。

P1030686.JPG
もうすぐ七夕。願い事書いてきました〜

夜のパレードの写真をアップロードしてたらエラーメッセージ。
容量が大きくなったのに、使い勝手良くないんだよね……。

明日から盛岡→長野→能登というハードな旅へ出かけます。
続きは来週アップします!





posted by strauss at 23:39| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

読書の時間

小川洋子
「シュガータイム」
「ホテル・アイリス」
 どちらも冒頭からその世界に引き込まれた。小川さんならではの世界。
 「シュガータイム」は突然異常な食欲に支配される女子大生が主人公。毎日食べたものを記録する日記。
 そこにはえんえんと大量の食物が書き連ねられる。
 神道系の教会に間借りする主人公の元へ引っ越してくる奇病を持つ弟。後に別れがやってくる恋人、友人達。
 主人公と関わる人々がリアリティを持って浮かび上がる。
「ホテル・アイリス」は所謂SMなので、痛いのが苦手な私には読んでいる間中ちょっと苦しかった。
 目が離せなかったのは小川さんの作り上げた島や港町の情景や、登場人物の動きがくっきりと立ち上がってきたからでしょう。
 どちらも好みが分かれるところかもしれませんが、小川さんの世界が好きならお薦め!
 
柴崎友香
「ドリーマーズ」
 日常を淡々と綴る連作短編。柴崎さんならではの色合い。
 夢と現実。生と死。曖昧な境目。
 人が抱える不安や恐れを鮮やかに紡ぎだしている。

伊集院静香
「旅だから出逢えた言葉」
 伊集院氏の出会いの数々は何か大きなものに守られていると感じる。
 が、それ以上に出会うべくして出会ったとも。
 自分に引き寄せる感覚が優れているのだろう。
 そこが魅力なんだろうなと思う。
 人しかり言葉しかり。

島本理生
「よだかの片想い」
 相対的には島本さんらしい(笑)暗い話。
 顔に痣を持つ女子大生が主人公。
 編集者の友人から顔に痣や怪我を負った人へのインタビュー企画を持ちかけられた時から、彼女の成長物語が始まる。
 映画監督との出会い。恋。
 引き込まれて読んだ。
 なんだかんだ言っても結構好きかも。
 
香川照之
「市川中車 46歳の新参者」
 俳優香川照之が中車を襲名するに至る思いや、父猿扇との確執、息子団子への親としての眼差し。
 歌舞伎の家に生まれながら歌舞伎とは無縁な人生を過ごした氏が、家業を継ぐと決めた強い思いが伝わってくる。(ただし文章は語りおろし)
 襲名披露公演までの涙ぐましい修業の日々は痛々しくもあり、ユーモラスでもあり。
 生きることは行といい切る氏の自分に対する厳しさが印象に残った。

最近読みごたえのある本に出会えない。
本屋には頻繁に足を運んでるんだけどなぁ。
嗅覚が鈍ってるかも……

 
 


posted by strauss at 10:31| Comment(2) | 本、雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

福島・緑の季節

003.JPG
もみじの花のあとですね。
赤が新緑に映えてきれいです。

033.JPG
御薬園で見た、多分オキナグサ。ネットで探して花の写真を見ましたが、これだけ見るとこんな花が咲くなんて想像がつきません。薄紫でとてもきれいでした。

059.JPG
探勝路で見た紫陽花。

061.JPG
名前は不明。

076.JPG
花々が緑の中に彩りを添えていました。

118.JPG
帰りの新幹線から撮った夕日。
きれいでした〜


posted by strauss at 13:15| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

五色沼自然探勝路

翌日はこれも母念願の五色沼。
もしお天気が良ければ歩こうと計画していました。
当日は思った以上の好天気。
沼の色の違いがよくわかり、本当に素晴らしかった。
距離としては3.6キロとそれほど長くないのですが、何と言っても85歳の母がいるので、
のんびりゆっくり。人の倍時間がかかりました。
旅館を出てタクシーで会津若松駅、列車で猪苗代、バスで五色沼入口へ。
まずはビジターセンターで情報収集。カウンターに「熊が出ました」とお知らせ表示が。
「熊が出るんですね〜」
と言うと、
「出ると言うより、この辺りは生息地なんで」
とのご返事。
熊にしてみれば、「やれやれ、うるさいのが来た」って感じなんでしょうか。それとも獲物?
記念に地図を買い出発。
毘沙門沼→赤沼→みどろ沼→竜沼→弁天沼→瑠璃沼→青沼→柳沼
と沼を巡って、終点は裏磐梯高原駅(バス停)
以下、沼の色を楽しんでください♪
057.JPG

068.JPG

079.JPG

080.JPG

086.JPG

088.JPG

090.JPG

098.JPG

107.JPG

今回の旅行はどこへ行っても緑が美しく、いい季節に来られて本当に良かったです。
母も高齢なので、なるべく願いは早く叶えてあげたい。
お蔭で母娘三人のいい旅ができました。




posted by strauss at 21:28| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

会津若松

以前から会津若松に行きたがっていた母を連れて姉とともに行ってきました。
お天気も良く(良すぎた。30℃近くまで気温が上がった)先々でボランティアの方の説明を受けながらのんびり歩きました。
*「会津ぐるっとカード」はお薦め!
列車、バスがエリア内二日間乗り降り自由。私設の割引もあります。
018.JPG
鶴ヶ城!

026.JPG
御薬園

029.JPG
薬草がいっぱい。

045.JPG
東山温泉の貸切露天風呂の眺め〜
ほんとに緑がきれいで気持ち良かった!


posted by strauss at 19:03| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

まめぶ汁♪

今日は府中の小学校で物販のお手伝いでした。
目玉は気仙沼ホルモンと久慈のまめぶ汁です。
半分、このまめぶ汁に惹かれて参加を決めたんです(笑)
代表が下ごしらえをほとんどしていたので、
現場では大鍋にお湯を沸かし、野菜とまめぶ(小麦粉の小さなお団子)を投入。
「味付けしようかぁ」
といきなり振られ、「え、わたし!?」
うんうんとみんな。
「だってわたし食べたことないし」
と言うと、作ると決めた代表も「僕も。だから任せるよ」ですって!
どのくらいの濃さなんだろうか。
TV「あまちゃん」では甘いようなしょっぱいような微妙な味ってことでしたけど……。
みんなに味見してもらいつつ一応完成。
なんとかそれなりの味になりました。
で、大鍋二杯分売り切りました〜♪
気仙沼ホルモンは匂いをばらまいたせいか長蛇の列で、完売するまで列が途切れることはありませんでした。
味付けホルモンもまめぶも現地から仕入れたものです。
府中まで朝早く行くのはしんどかったけれど、お天気も良く、まめぶ汁も食べたしいい一日でした。

012.JPG

013.JPG

014.JPG

015.JPG







posted by strauss at 21:46| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

岡山から広島へ

岡山で法事を済ませたその足で広島の姉の所へ。
一番下の子の出産のとき、上の二人の子供たちを連れて姉の家でお世話になりました。
(その後、日本の学校に体験入学させた時も)
その度ごとにお世話になった姉のお姑さんが入院したのでお見舞いに行ったのです。

031.JPG
家の前は田圃と小高い山の連なり。
どこもかしこも緑に溢れ。

034.JPG

024.JPG
納屋の中のツバメの巣には雛が5羽。
親鳥は何度も出たり入ったりしていました。

025.JPG
こちらはめだか。原種からの交配種。
蛙の声の中で眠ったのも久々です。
声も蛙の種類によって違います。
見るもの、聴くもの、楽しくて。
この季節、本当に田舎はいいですね。
苦手な虫もまだいないし。
でもここは冬になると一面の雪で覆われます。
広島と言っても山間の町なので降雪量も多く、春の訪れも遅いんです。
厳しい寒さを越えてこその美しい緑の世界です。

041.JPG
市街地に行くと、「日本で一番月が美しく見える美術館」があります。
満月の日だけ開館時間が長くなるのです。
一度行きたいと思っていて、今回やっと実現。
(病院のすぐ近くだったから)
常設の絵画と人形は素晴らしかった。(一度ブログにも書いたことがある気がする……)

043.JPG
そして、企画展示はあの中島潔氏。(童画で有名ですよね)
襖絵は圧巻!
色の美しさと大胆な構図に目を奪われました。

忙しい日程でしたが、広島へはちょっとした旅行気分で、母と一緒に行ってきました。
お姑さんも自力で起き上れるほどに回復していて、良かった。
90歳と高齢ですが、うちの娘のことまで心配してくれるほどで、予定通り退院されることでしょう。
安心しました。(お年がお年だけに違う形で広島に行くことも覚悟していました)

さて、来週は姉が母を連れて上京。
会津若松へ出かけます♪
posted by strauss at 23:48| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

東をどり

新橋演舞場で東をどりを観てきました。
東銀座の駅地下がきれいになっているのに驚いた。
お店もいっぱいある。
歌舞伎座が新しくなってから初めて来て、こんなことになっていたんだと感心した次第です。

タリーズでカプチーノを頼んだら、
1.jpg
シナモンパウダーが隈取り!!
これでもいいけど、泡に絵を描いたらもっと感激すると思うんだけど。

azuma.jpg
芸者さんはきれいだったけど、
観客席の和装の女性の皆さん、見とれるほど粋な人が多かった!
posted by strauss at 22:55| Comment(0) | 文化、芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

隣人祭り・Long Table

ロハスクラブのイベントに行ってきました。
新宿御苑の芝生の上、200人のロングテーブルで(3列)オムライスのランチを頂きました〜

新宿3.jpg

新宿2.jpg
オムライスの上はケチャップではなくて、苺のソースです(ジャムに近い)
何故苺かというと、国産苺第一号が新宿御苑で産まれたからだそうです。
http://www.lohasclub.jp/lda2013/shinjuku/rinjinmatsuri.html
デザートの苺ムースも美味しかった!
協賛のSARAYAさんの推進する手洗い普及運動の「手洗い体操」をやったり、
ゲストの歌を聴いたり、純粋なランチではありませんでしたが、
ハンドソープのお土産付きで、
それこそ一番の趣旨である、隣人との会話も弾んで、
青空の下、心地よい風と緑の中でのランチを楽しみました♪
sinjuku.jpg

葉桜や空に向かひて手をひろげ





posted by strauss at 09:12| Comment(0) | 食の幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

両国での陸前高田の物販、二回目でした。

今回は二回目で、顔見知りもできて楽しくお手伝いしました。
夕方の雨もさほどひどくならず、ほぼ影響なし。
多くの方に来ていただきました。

009.JPG
こんな感じです。
バームクーヘン、おせんべい、海産物を始め、被災松で作ったストラップやキーホルダーなど商品は多彩。特に食べ物はやっぱり人気です。

010.JPG
今までは東京の仲間の中で物販をやっていたのですが、
今回は、陸前高田から来てらっしゃる方、在京の陸前高田会の方々に囲まれていたので、
言葉の勉強もしました。
久慈の方の、ご存じ「じぇじぇ」が、陸前高田では「ばば」に!
所変わればですね〜
方言メモ帳なるものも売られています。
皆さんがお国言葉で話されると場のムードがぐっと柔らかくなります。(意味はほとんど不明)

012.JPG
お隣は信州の物産展で、このお二人は上田から出張ってらっしゃる。
六文銭と言えば、そう真田幸村ですね!普段は上田でパフォーマンスをされているそうです。
外国の観光客に大人気でした〜

明日で私のお手伝いは終わり。
物産展は19日日曜まで開かれています。
ぜひ両国へいらしてください!!


posted by strauss at 22:29| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

陸前高田の物産販売

SN3N0628.jpg今日はちょっと人出は少なめ。
明日は大相撲三役力士含め400名が参列する、お練り大法要が開催されます。
震災で犠牲になられた方の追悼と復興の祈念です。
是非多くの方に来ていただきたいです!
物産の方もよろしくお願いしまーす。
新ワカメ、他海産乾物、バームクーヘンやおかき、ストラップ等々。豊富に用意しています。
私のお手伝いは、来週の木曜と金曜。
お待ちしています♪

posted by strauss at 15:21| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする