2015年08月06日

めぐる

今年も広島原爆記念日がめぐってきました。
日本と海外を行ったり来たりしていると、何が大切なことなのかぼやけてきてしまいます。
多分周りの被爆した人が全員鬼籍にはいったからかもしれません。
気持ちをしっかり持たねば!

永遠の火やけふもあり原爆忌
posted by strauss at 15:25| モスクワ | Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

うがい・手洗い・マスク着用

風邪・インフルエンザの予防策。
いつもインフルエンザの予防接種の時期を逸してしまい、
結局今年も受けずじまい。
(一度も受けたことがない。気持ちはないことはないのに)
せめてもの予防策で表題のとおり励行しているのに、ついにダウン!
夜中に腹痛で眼覚め、いやな予感。
案の定、朝発熱。
医者に行けば、胃腸にくる感染症とのこと。
風邪ということですな。
昨日、今日と仕事を休んで、ただひたすら眠る、眠る。
弱ってる時って眠れるもんだなぁ。
今週は仕事も含めびっちり予定が詰っているのに……。
不覚……。
でも、とりあえず大分良くなった。
今日からリハビリ。
まだコーヒーや油もの、消化に悪そうな物は一切口にせず。
一応出かけてひとつ仕事を済ませて来た。
何とか大丈夫。
今朝体重を計ったらやっぱり1k以上減ってた。
だろうなぁ。甘い物も食べてなかったしなぁ。
気合いなどと世迷言なく、医者に言われた通り薬を飲み回復目指します。

posted by strauss at 16:16| Comment(9) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

untitled.bmp

ベランダから見た雪。
まるで花が咲いたみたい。
でも、今朝は路面が凍って怖いくらいでした。
昨日から月末繁忙期。
ちょっと疲れて滅多にないことに夕食の後うたた寝。
目が覚めたらBSで映画「恋するトマト」(すごい邦題)が始まり、
ついつい観てしまったらこんな時間に。
明日も早いから寝なくちゃなー


posted by strauss at 00:16| Comment(2) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

長髪・スカート

今日裁判所に行ったら、阿蘇山大噴火氏がいた。
もしかしたら会うこともあるかな〜と思っていたけど、やっぱり。
そのいでたちの特徴ですぐわかった。
長髪、スカート。
でもソファに腰かけていたし、帽子のせいか髪が黒く見えて、
目の悪い私の事だから人違いかもと思い、他の人に訊いてみた。
「よくいますよ。変わった格好だからすぐわかりますよ」
と言われ、確信。
さりげなく隣りに坐って、
「お仕事中すみません」と声をかけた。
彼、意外に若いんだなと、近くで顔を見て初めて認識。
声をかけられて迷惑そうではなかったけれど、
そのテンションの低さにびっくり。
普段は寡黙なんだろうな、この手の人。
いや、ほんとにお仕事中お邪魔しました。

こういう時普通は声なんかかけないんだろうな〜
裁判所と言う非日常にいたからつい、ね。
posted by strauss at 23:50| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

プラネタリウム

昨日は渋谷のコスモプラネタリウムに行ってきました。
何十年振りでしょう。
「HAYABUSA」を観たいとずっと思っていたけれど、
時間の関係で、「銀河鉄道の夜」を。
これが想像した以上に良くって、月並みなことばですがホントに癒された。
リクライニングシートに身体を預け、満天の星を見る。
何とも幸せな気分。
宮沢賢治「銀河鉄道の夜」の世界に浸ってきました。
気持ち良すぎてうとうとって時間も。
星空っていいなぁ。

興味のある方、こちらが投影スケジュール。


JR渋谷駅西口を出て歩道橋を渡るとすぐ。
セルリアンタワーの裏手です。
地下一階にはイタリアンレストランも和食屋さんもあります。


posted by strauss at 15:53| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

春ですねぇ

ドーナツタワー

我家の三人の子供の内二人が4月生まれです。
長女もつい先日誕生日を迎えました。
写真は友人がバースデーに持ってきてくれたと言うドーナツタワー。
結構な迫力……。
元気で今年の誕生日を迎えられたことが何よりです。
夫のライアンは、シカゴで今年の「飛躍したアーティスト」の一人に選ばれました。
フリーの新聞での記事ですが、これをきっかけにアートシカゴというアートフェアに作品の展示が決まったそうで、こちらも何よりの事。
6月にはロサンゼルスに居を移す二人。
新天地で新たなスタートを切ります。
大きな転機になるやもしれません。
とにかく身体が基本。
その上で失敗を恐れず今できることを精一杯やって欲しい。

なんて、これは自分自身に言い聞かせてるのかも。
手抜きばっかりではだめだな。
がんばろうっと。



posted by strauss at 00:10| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

子供の頃
冷蔵庫は氷を入れるタイプのものでした。
暖房は練炭火鉢で、朝早く起きた母が熾していました。
洗濯機は手動でローラーを回して絞っていました。
部屋は箒で掃いていました。
お風呂は五右衛門風呂で、蒔で焚きました。
駄菓子屋で5円、10円のお菓子でも満足していたし、
ゴム飛びや石けりやまりつきが少しでも上手くなるように一生懸命練習したし、ゲームをするのはお正月みたいな時別な時で、トランプやダイヤモンドゲーム。

長女が生まれた頃布おむつが普通だった最後の世代でしょうか。
カップ麺が出てきた時、夢のような食べ物だと思いました。
自動販売機もない。
コンビニもない。
(セブンイレブンができた時、7時から11時という開店時間が、まず画期的でしたよね)
携帯電話もない。
パソコンもない。
私はいつでもそういう生活に戻れます。(リスクは承知の上です)
個人レベルで言えばきっと誰でもその気になればできるでしょう。
それに近い生活をしている人もいらっしゃるだろうし。
でも国全体レベルで考えると、表面をかすって想像するだけで無理だろ〜と思ってしまいます。
せめてデパートやコンビニの閉店時間、電車の本数や冷暖房だけでも見直せないかな、と思う今日この頃。
東京は何もかもが極端すぎじゃないか。
岡山なんか夜8時ともなればアーケードだってひっそりですよ。
なんかバランス悪いなぁ……。
posted by strauss at 15:47| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

帰省

三連休、広島、岡山に帰っていました。
広島では姑の見舞い。
広島の姪二人、姉の方の娘も一緒に行ってくれて、食事もしたし、色んな話が聞けて思わぬいい時間を過ごしました。
姑も元気で良かった。
岡山ではちょっとした用事(それが一番の目的)でしたが、
高松から甥一家が会いに来てくれたり、
岡山に住む姪一家も来てくれたりで、
母も喜び、私達(今回は次女とふたり)も楽しい時間を持つことができました。
こちらも予想していなかったことで、姪達の子供の可愛さにすっかり癒されました。
妙齢の姪ひとりと、我家の娘の結婚についての考えもじっくり聞き、今の時代なかなか複雑になって来ていると感じざるを得ませんでした。
結婚は勢い、かも。

今回、格安のツアーを取った後に色々予定変更したので、ちょっと変な行き方になってしまったのですが、
先ずは金曜の夜、倉敷に到着。
私も次女も仕事の後だったので、到着はほとんど夜中。
倉敷は雪でした。
宿泊先のアイビースクエアには本当に寝ただけで、
翌朝早く広島へと出発。
駅のホームで主人の姉と姪達に合流、目的地へ。
その後広島駅に戻ってランチをして別れ、一路岡山へ戻る、という行程でした。
あっと言う間に時間は過ぎ去り。
見送りのホームで母は元気いっぱいで、
安心して岡山を後にしました。
母には曾孫が既に5人。6人目が秋に生まれます。
全員私の姉の子供。
私が孫を抱く日は来るんだろうか。
まあ、どっちでもいいけど。
無責任に可愛いと言っていられる方が楽と言えば楽だし。
などと考える帰省でもありました。
とにかくみんな元気で良かった!


posted by strauss at 22:47| Comment(2) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

今日は変な日

先程記事をアップしてから思いだしたので追記。
変な日、と言うのも変だが、
今朝の通勤途上でのこと。
山手線の中で懐に猿を抱いている人(恰幅のいいおじさん)がいた。
猿の種類はわからないが、テニスボールくらいの頭の大きさ。
すっごく可愛い。
おじさんは時々彼女(?彼?)の頭に鼻をこすりつけ、それこそ可愛くて仕方ないといった風情。
目黒から渋谷まで目が釘付け。
さて、渋谷から職場に行く歩道橋の上。
ちょうど車がびゅんびゅん走る道路の真上あたり。
手摺りの傍に人が立っていた。(周りはみんな急ぎ足で歩いているから止まっていると目立つ)
体形からして女性の様な気がする。
彼女(?彼?)は頭にすっぽりと布の袋を被っている。
顔の部分に動物の写真がプリントしてあった。
羊みたいな……。
その後の動向が気になったが私は仕事。
後ろ髪引かれながら通り過ぎた。
職場に着いてロッカーのある地下2階へは、いつもは階段を使うが、たまたまエレベーターの扉が開いていたからとび乗った。
そしたら部長がいた。
朝から、もう……。
部長の顔を見る度に、
(あまり席にいないから顔を見ることがない。いても、私近眼だし、忙しくてかまってられないし)
数年前のサラリーマン川柳を思いだす。
「課長いる? 返った答えは要りません」
(うちは課長はいないのでここは部長にして)
朝から変なものばっかり見た、と友人に愚痴ったのだった。

でも、仕事帰りに表参道で目の保養をしてきました。
写真はこちら。
posted by strauss at 00:43| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

気がつけば

もう11月5日。
10月の終わりに舅が逝き、
広島へ帰ってたり、シカゴから娘婿を迎えたりと慌ただしく過ごしていたせいで、思いもつかない早さで時が過ぎて行きました。
明日からまた岡山、広島へ。
これは娘夫婦と一緒です。
お祖父ちゃんには会えなかったけれど、まだお祖母ちゃんが二人いるから。

今日は疲れがでたせいか、仕事の途中から肩が痛くなり首が思うように回せません。
ま、実家でのんびりするかな。

そう言えば水嶋ヒロさんがポプラ社の文学大賞を受賞したみたいで。
賞金は辞退したらしいけど、何故なんだろう。
大賞になるということは大変なことです。
正当なご褒美として貰えばいいのに、と個人的には思います。
大手出版社の現在の文学賞で、本当に公平なものってあるでしょうか。
出版社は売りたいに決まっています。
プロの作家に選考を委ねない道もありでしょう。
出る杭は打たれる社会なんですよね〜
別にファンではありません。
名前を聞いても顔も浮かばないのですが、
これから作家として生きて行くなら応援したいです。
まずは大賞受賞作を読んでからでしょうか。




posted by strauss at 19:59| Comment(4) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

梅雨に入って

蒸し暑い日が続きます。
風邪は完治せず、だからといって何もしないでいることは性格上できないので、
金曜日には国立能楽堂の公開講座「能と囃子」を受講し、(資料が見つからな〜い。どこへ置いたかしら…。詳しくは資料が出てきてから。ゴミに出しちゃったかも。となると能楽堂へコピーを取りに行かなくちゃ…)
土曜日には千葉の友人宅へ子犬を見に行き、(可愛い写真はまた後ほどアップ)
日曜は朝からマンドリンの練習。
この日はナレーションと合わせました。
来週はいよいよゲネプロで、
管、パーカス、歌、ピアノが入ります。
楽しみでもあり、プレッシャーもあり。
昨日は仕事で、
今日は新国立劇場。
とにかくこの蒸し暑さには参ってしまいます。
いまひとつしゃきっとせず。
三日ほど前から読み始めた葉室麟「柚子の花咲く」を読了。読書の速度も落ちてます。
ん?「読書の速度」ゴロがいいですね。
じゃなくて、要約する元気もない始末です。
他にもすることがいっぱいあって、なかなか色んなことが進みません。
いい加減暑さのせいにしないで現実を直視しないとだめですね〜
現実逃避で瀬戸内芸術祭のガイドブックを読みふけっています。
わんこ達の写真をどうぞ!


posted by strauss at 23:09| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

新茶の季節です

静岡の友人から新茶が送られてきて、
あまりに美味しくて夜遅くまで濃いお茶を頂いてしまったせいか、
この時間になっても眠れません。
シカゴの長女とSkypeしようと話していたのにメールがないからどうしたんだろうとも思っていたし、
一旦は布団に入ったものの、また起きだしてきました。
明日は予定が入っているのにまずい、です。

メールチェックをしたら長女からメールが入っていました。
今は6月にあるクラフトフェアに向けて制作に励んでいる様子。
作品のサイトにリンクします。
見てやって下さ〜い。


日曜の夜の楽しみは大河ドラマ。
「竜馬伝」です。
維新の頃のものは本を読んでも泣けて、
視覚に訴えられると、尚更だめですねぇ。
投獄される朝の武智半平太と妻富とのシーン。
何とも言えません。
先週も平井収二郎の切腹で泣きましたっけ。
とにかく幕末、維新前後の話には涙腺がゆるみっぱなしになります。

明日は早起きの予定。
本気で眠らなければ。
眠くなるまで本を読むことにします。
今読んでいるのは吉村昭著「桜田門外ノ変」
(映画化されるようです)
面白いです。



posted by strauss at 03:17| Comment(2) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

一週間

前回の更新から一週間が経ちました。
一体何をしてたのかと自分でも不思議なくらい早く時間が経ってしまった感じ……。

手元にあるものを適当に読んだのは、
佐々木譲著「北帰行」
ハードボイルドです。
ロシアが送りこんできたヒットマンは、日本のやくざに妹を殺された女。
彼女をアテンドしたために巻き込まれた主人公の男。
展開は面白く一気に読みましたが、
どうにも違和感が残りました。
彼女をやくざから匿う形になって、自分の妹まで殺されてしまう主人公の心の動きが平坦で、全く共感できなかった。女に恋愛感情を持つに至る経過もよくわからない。
ハードボイルドは嫌いではないので最後まで読んだけど……。

もう一冊。
東野圭吾著「嘘をもうひとつだけ」
こちらは短編集。
全てドラマ化された「新参者」の加賀刑事が登場。どれも面白かったけれど、やっぱりミステリーの短編は物足りなかった。


一昨日は職場の友人たちと経堂のイタリアン・リゴレッティーノへ。
春らしいお料理を堪能したあと、下北沢へ行きました。
お店を覗きながらぶらぶらしたり、カフェでお茶したり。
そうそう、作家藤谷浩さんの本屋にも行ってきました。つい先日お店に飾ってあったチェロが盗難に合われたそうです。ご本人はかなりショックを受けてらしたみたいで。早く手元に返るといいですね。

仕事に行けば相変わらず忙しく、余裕がないと言うか、慌ただしさばかり感じてしまいます。
こんなことが続いていたら何か大きなミスをしでかしそうで怖い。
今日は仕事帰りに本屋へ行き、明日発売になる村上春樹「1Q84」の予約をしてきました。
そして雑誌クロワッサンを購入。
4月25日号に来週から都庁で催す俳句展の案内が出ているのです。
ちょっと焦ってきました。
作品づくりをしなくちゃ!

羅列しましたが、こんな一週間でした〜
明日は能楽堂に能の講座を受けに行きます。
明後日は世田谷パブリックシアターでお芝居。
気合を入れて楽しみます。




posted by strauss at 01:34| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

「風の盆」対策

今日はとてもいい天気でした。
シーツもしっかり乾いて爽快です。
春間近という感でいっぱい!

やっと春ですが、
「おわら風の盆」に合わせて宿泊を確保するための応募が始まりました。
今月末が締め切りです。
去年は抽選に見事にはずれました。
今年はどうでしょうか。
祈るような気持ちで、往復はがきを書きました。

先日季語は季節の先取りと書きましたが、
私の予定も先取りもいいとこです。
芝居や演奏会もしかり。
時々何ヶ月も先の公演案内が来ますが、
そんな先の事わからないっちゅうねん、と独り呟いています。
だけど、そんな先の事を考えるのがまた楽しくて。
そこに辿りつくまで色々あるけど頑張ろうと言う気持にもなるというもの。
まず元気でいなければだめですしね。
前向きに前向きに、風を受けて進みましょう。
と、ちょっと喝を入れてみました。

今日、平野啓一郎の「ドーン」を読了しました。
最後は感動して胸がいっぱいになり、
感想を書きかけましたが、もう少し時間を置こうと思いなおし、下書きにいれました。
また明日にでも。

追記:お気に入りブログ「東へ西へ」に「金魚姫ノート」を追加しました。




posted by strauss at 23:50| Comment(4) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

冬の午後

土曜日の夜足を痛めてしまって、
月曜日は仕事に行ったものの、午後一番の診療時間に合わせて早退。
今朝は行く気満々でお弁当まで作って、いざ出ようとしたら痛くて靴が履けない……。
ということで有休をとり、家にいます。
さっき侘びしくお弁当を食べました。
お弁当って家で独りで食べるのには不向きです。
職場にはいつもお弁当を持参。
食堂でお味噌汁と、おかずが物足りない時は小鉢を。
社食のメニューは豊富なんですが、味がいまひとつ。それなら残りものでもお弁当の方がいいと思ってしまい、それが普通になってしまいました。
人気のメニューは並ばなければならないし、それも時間が勿体なく。

午前中に掃除洗濯を済ませ(仕事に出るときは水回りだけ)
冬の陽が差し込む居間で読書。
これについてはまた改めて。
シカゴに送る荷作りをし、カードを書き、これをアップしたら近くの郵便局に行きます。
本来はまだ仕事をしている時間。
得したような気分でのんびりしてしまいました。
お天気もいいし、足が痛くなければ散歩にでも行きたいところですが、今日は郵便局だけ。

侘びしく食べたお弁当はこちら
一昨日広島から帰ってきた夫の土産のお弁当も一緒にアップ。

郵便局から帰ったら年賀状にとりかかるか、それとも読書の余韻にもっと浸ろうか…


posted by strauss at 13:29| Comment(3) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

夏の締め

明日から富山、金沢へ。
富山は越中八尾、もちろん「おわら風の盆」
ところがどうもお天気の方が……。
僅かでも上がってくれればいいけれど、こればかりは天のみぞ知る。
八尾宿泊の抽選に漏れたのでホテルは富山。
何時までねばれるかしら。
二日目は金沢へ一泊し、今回はお醤油の町大野へ行ってみるつもりです。
ゆっくりのんびりゆく夏を楽しんできます。

毎年8月には利賀へ行ってお芝居を観るのが恒例になっていましたが、今年はとりやめました。
今までは次女が籠っていたので陣中見舞いを兼ねていましたが、7月で足を洗ったので私もパス。
おわらに照準を合わせた次第です。
どちらにしてもこの夏は目いっぱい遊んだので、
この旅を締めとして、また新たな気持ちで日常を過ごします。

では、行ってきます!
またこちらで旅の御報告しますね。

posted by strauss at 23:13| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

ハトになりたかった話

昨日の続きです。
今日息子と話していて、思いだしたので訊いてみました。

「まだ鳩になりたいと思ってる?」
息子
「人間でもいいかな」

「そう」
息子
「意識の問題かな〜」

「ほう」
息子
「鳩になった瞬間、やった〜鳩になった〜!という意識があったら、なってもいいかな」

「だよね。やっと鳩になれた〜って空に飛び立てたら気持ちいいよね〜、きっと」
息子
「ああ」

「あなたも大人になったねぇ」
(しみじみ)
息子
「なんだよ、それ」
(苦笑)



posted by strauss at 18:18| Comment(5) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

おとなになりたくない

今日は休日。
気になっていた押入れの整理をしたり、
観たい芝居の当日券を取るために電話に貼り付いたり、図書館へいったり。
そうそう、そのお芝居。
チケットを売りに出すサイト(オークションではなく)があるんですね。提示された値段にびっくり!
3倍から4倍ですよ。
儲けるためにチケットを買っているとしか思えない。
オークションは、まだ都合がつかなくなったからとかちゃんとした理由があって、安く出品している人もいる。もっとも競っているうちに3倍とか4倍の金額になってしまうのだけど。
高く売るためにチケットを買っている人がいたら、本当に観たくても正当な金額で買えない事態が起きますよね。(正当も何もチケットが完売で買えないんだから…)何だかいやな話です。
知ってはいましたが、改めて疑問を感じた次第です。
電話は結局予定枚数終了後に繋がり、キャンセル待ちになりました。行ってみないとわからないので、出かける予定があるから様子を見てこようかと思っていますが、疲れたらやめます。

図書館には予約の本を受け取りに。
最近読書の感想がないのは、昔の本を読んでいるからです。
昔の本とひと括りはおかしいか…。
今は太宰治の「人間失格」があと少しで終わろうかというところ。
(絲山秋子の「ばかもの」を思い出した)
先日は三島由起夫の「金閣寺」で唸り、
その前は一番あとにしようと思っていた、
森鴎外「舞姫」を読んで思わずその世界にはまり、
やっぱり世に残る小説とはすごいな、と思った次第です。
予約した本は川上弘美「どこから行っても遠い町」で、ずいぶん長く待ったので早速読み始めましたが、
もちろん面白いけど、重いのを読み続けている最中だけに、微妙…。

図書館からの帰り道。
買い物があったので商店街へ。
駅前の大きい商店街です。
相変わらず人が多い。
今週末に駅前の整備完成記念のイベントがあります。
引っ越してきた当初は工事中でなんとなくさびれた感じがしたものですが、
今はもう立派になっています。
やっぱり工事中の雑な景観より、すっきりしていいものですね。
道行く人は親子連れが多かったりして、微笑ましい光景も見かけましたが、
その中のひと組、両親に小学校低学年(年長さんかな)くらいの男の子。
「ぼく、おとなになりたくない」
そう言うと手をつないでいる母親が
「そりゃあ、毎日いいことばかりじゃないよ」
(どうやら男の子は何かいやなことがあって両親に訴え、だから大人になりたくないと言ったと推測)
「だから、おとなになりたくないの」
両親はその言葉を聞かなかったことにして、違う話を振ります。
でもその男の子。
ずーっと
「ぼくおとなになりたくない」
「おとなになりたくないのっ」
って言い続け、その声はいつまでも私の耳に届いていました。
だよねぇ〜
と思わず頷いた私。疲れてるのかな……。
本当は、
大人になったら、いっぱいいっぱいいいことがあるんだよって言いたいところだけれど、
いっぱいいっぱい辛いこともあるもんね。
もうこれは親の姿勢を見せるしかない。

うちの息子が幼稚園の頃、
ふともらした言葉。
「ハトになりたいなぁ」
誰にともなく独り言のように呟いたその言葉を昨日のことのように思い出します。
息子よ、
きっと今もそう思ってるんだろうねぇ。

posted by strauss at 23:04| Comment(2) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

連休の過ごし方

いよいよゴールデンウィーク。
明日から長野へ。
久しぶりの小布施。
ちょうど善光寺の御開帳と重なり、
きっとすごい人出でしょうね。
おぶせ風のYHのHPでは「いまだかつてない渋滞が予想されます!」と大きな字で書かれていました。
久しぶりなので、あらためてネットで調べてみると、
泊まる所も食べる所もすごく増えているんですよね。
危険(いろんな意味で)な匂いです。
ま、この目で確かめてきましょう。
小布施町のサイトにオープンガーデンの項目が見つからないと思ったら、独立してました。
好きな街だけにうまくバランスが取れてるといいな。
ちょっと心配。

連休後半は例年通り、集中練習です。
先日、演奏会のチラシについて触れました。
「イギリス民謡による……」
曲目は「グリーンスリーブス」
意味は緑の袖。
緑の袖といったら特別な職業の女性を指す、という説もあるようですが、
この女性は16世紀、あのヘンリー8世の二度目の妻であり、エリザベス1世の母親でもあるアン・ブーリンだと言われているそうです。
恐ろしい絵」「ブーリン家の姉妹」に続き、ここでも。
最近縁があります。
でもあの曲をリュートやチェンバロで奏でれば、16世紀頃のあの感じ出ますよね。
さて、マンドリンでいかにその雰囲気に迫れるか。
前回の練習時に初めて楽譜を見て合せました。
初見で十分弾ける譜ですが、ほんとうはそれが一番難しいんですよね。
マンドリンオケの良さを打ち出しつつ、
どこまで奥行きがでるでしょう。
楽しみです。

では、また小布施便りをお楽しみに!



posted by strauss at 23:57| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

手術、無事終了

先日来気に病んでいた我家のウサギ。
ついに昨日手術を行いました。

獣医さんは、高齢であるためリスクが大きいのでこのままの方がいいと言っていました。
我家でも食欲があれば元気な証拠と思ってはいたのですが、
日に日にお腹が膨らんでいくのがわかるのです。
二週間に一度の割合で病院に通い、体重を測れば確実に増えています。
このまま大きなお腹を抱え、残りの時間を過ごさせるのはこちらも辛いし、
多分ウサギだって負担が大きいはず。
それなら元気で体力があるうちに手術をしようと決断。
昨日手術を行い、今日無事に退院してきました。
昨日は夕方には結果を知らせると言われていたので、
息子が家で待機し、私も携帯を気にかけていました。
夕方、まだ呼ばれた先にいる時、手術は成功し、麻酔から覚めてキャベツを食べていますとの一報が。

迎えに行って説明を受けました。
子宮と卵巣を全摘。
なんと水がたまった子宮の重さは1,1キロも!
体重は半分ほどになりました。
お腹をずいぶん切ったので、しばらくは安静にしなければならないと思いますが、
食欲もあり、緩慢ではあるけれど動きも普通。
本当にほっとしました。
これで寿命も延びるかな。
posted by strauss at 19:51| Comment(6) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。