2015年08月19日

こんな大事な時に

引越し荷物を出すまで一週間。
ぼちぼちやっていましたが、この一番大事な時に体調を崩してほぼ4日ほど使い物にならない日々が続いています。
特に無理はしていないのにこういうことになるって、やっぱり落ち着いてないからな。
焦るだけでは何も事は進まないってことは昔から(試験前とか…古いですね)骨身にしみているのにね。
ちょっと気分を変えて俳句の話。
先日友人が直木賞受賞作の「流」を送ってくれました。
久々に骨のある小説を読んで大満足でしたが、送ってくれたのはこれだけではなかったのです。
hon.jpg
「芸人と俳人」
今をときめく又吉直樹が俳人堀本祐樹のもとで定型句を勉強して句会に臨むまでが書かれています。
課題をひとつずつクリアしていく形なので、俳句の入門書の形になっています。
堀本氏のわかりやすい解説に又吉さんが打てば響くように応えていきます。
芸人が芥川賞受賞ということで脚光を浴びていますが、ずっと以前から又吉さんは太宰治が好きで、大変な読書家だそう。
毎年太宰ナイトというライブをやっているらしいですね。
書くべくして書いたということでしょう。
そして、俳句もいつからかは定かではありませんが、自由律俳句を詠んでいます。
それで定型句を学ぶという企画に繋がったのでしょうね。
言葉に対する感受性や読みが深いので、堀本氏もさぞ教え甲斐があったことと思います。
この本は俳句を始めたばかりの人には素晴らしいテキストになりそう。
入口辺りでウロウロしている私なんてへぇ〜ということが沢山!
俳句は詠むだけでなく読むことが重要で、セットになっていると言っても過言ではないかも。
又吉さんの俳句の読み方はただものじゃない(ほめ過ぎ)って感じでした。
句会の楽しさは選句の苦しみの上にあります。
これを読めば俳句をしたくなる人が増えそうな気がします。
この本も売れそう(笑)
余談ですが、西加奈子の「炎上する君」「サラバ」の帯を書いているのが又吉さんなんですが、
西さんはずっと前から又吉さんの文学的才能に気づいていたみたいですね。
西さんも又吉さんの受賞はとても嬉しかったことでしょう。

posted by strauss at 23:22| モスクワ ☀| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。