2015年08月19日

こんな大事な時に

引越し荷物を出すまで一週間。
ぼちぼちやっていましたが、この一番大事な時に体調を崩してほぼ4日ほど使い物にならない日々が続いています。
特に無理はしていないのにこういうことになるって、やっぱり落ち着いてないからな。
焦るだけでは何も事は進まないってことは昔から(試験前とか…古いですね)骨身にしみているのにね。
ちょっと気分を変えて俳句の話。
先日友人が直木賞受賞作の「流」を送ってくれました。
久々に骨のある小説を読んで大満足でしたが、送ってくれたのはこれだけではなかったのです。
hon.jpg
「芸人と俳人」
今をときめく又吉直樹が俳人堀本祐樹のもとで定型句を勉強して句会に臨むまでが書かれています。
課題をひとつずつクリアしていく形なので、俳句の入門書の形になっています。
堀本氏のわかりやすい解説に又吉さんが打てば響くように応えていきます。
芸人が芥川賞受賞ということで脚光を浴びていますが、ずっと以前から又吉さんは太宰治が好きで、大変な読書家だそう。
毎年太宰ナイトというライブをやっているらしいですね。
書くべくして書いたということでしょう。
そして、俳句もいつからかは定かではありませんが、自由律俳句を詠んでいます。
それで定型句を学ぶという企画に繋がったのでしょうね。
言葉に対する感受性や読みが深いので、堀本氏もさぞ教え甲斐があったことと思います。
この本は俳句を始めたばかりの人には素晴らしいテキストになりそう。
入口辺りでウロウロしている私なんてへぇ〜ということが沢山!
俳句は詠むだけでなく読むことが重要で、セットになっていると言っても過言ではないかも。
又吉さんの俳句の読み方はただものじゃない(ほめ過ぎ)って感じでした。
句会の楽しさは選句の苦しみの上にあります。
これを読めば俳句をしたくなる人が増えそうな気がします。
この本も売れそう(笑)
余談ですが、西加奈子の「炎上する君」「サラバ」の帯を書いているのが又吉さんなんですが、
西さんはずっと前から又吉さんの文学的才能に気づいていたみたいですね。
西さんも又吉さんの受賞はとても嬉しかったことでしょう。

posted by strauss at 23:22| モスクワ ☀| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

ダーチャでレッスン

ここ数日モスクワは暑くて、エアコンをつけている状況。
日本では立秋とは名ばかりですが、本来ならモスクワはもう秋へとまっしぐらの時期です。
今年は冷夏だったので寂しいとは思ってたけれど、あまり暑いのもね。
なんて、ホントに勝手ですね。
先週の金曜日はそんな好日。モスクワから列車に乗ってロシア語の先生のダーチャへレッスンを受けに行ってきました。
朝一の電車、夏の休暇中のせいか混んでいた。
038.JPG
ダーチャとはロシアの人が郊外(ちょっと田舎の方で)に持つセカンドハウスです。
でも家よりも畑が主体。野菜や果物を栽培し、漬物にしたり(キャベツの酢漬けはこちらでよく食べられる、日本で言えばお漬物)ジュースやジャムなどほぼ一年分を備蓄します。
先生のダーチャはザビドバという町から国立公園の中にある小さな村にあります。
裏木戸を開けると豊かな流れの川があり、広い空と風を感じながら散策する幸せ。
022.JPG
025.JPG
レッスンも食事もお茶も、この日は全てお庭で。
003.JPG
花が咲き乱れ、林檎の木やベリー類の灌木があって、もぎたてを頂きます。
何と言う贅沢でしょう。
009.JPG
015.JPG
きのこも出始めています。
ダーチャへ来るといつも先生のご主人が新鮮な川魚の料理を作ってくれます。
料理からサーブ、片づけまでご主人のお仕事。
羨ましい…
031.JPG
033.JPG
034.JPG
035.JPG
しっかり集中してレッスンを受け、しっかり食べておいとましました。
これで最後になるでしょう。
モスクワを離れるということはモスクワで知り合った大切な方達と離れてしまうということです。
少しずつ気持ちの整理をつけていきます。



posted by strauss at 05:05| モスクワ | Comment(2) | モスクワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

ヴォログダ2

ロシア・ヴォログダ州はモスクワの北西約480キロあたりに位置します。
レース編み物で有名だということはネット販売をしていることでも予備知識としてありましたが、
博物館に展示されるレースの素晴らしさに驚きました。
その一端を。
068.JPG
小物から洋服、テーブルクロスまで多種多様。
051.JPG
056.JPG
055.JPG
この美しいレースの大きさを調べるのを忘れましたが、
一辺1.5メートルは会ったと思います。(壁にかかっていたのでもっと大きかったかも)
067.JPG
他にも。大きな物は数順人がかりで一ヶ月以上かけて編むそうです。
058.JPG
059.JPG
063.JPG
065.JPG
ボビンレースは型紙に小さなピンを刺し、糸巻を使ってピンに糸を絡めて編んで行きます。
複雑な模様をどうやって作り上げるのか想像もつきません。
052.JPG
053.JPG

ヴォログダは他に麻栽培も盛んで、麻製品も多くありました。
他にバターも有名で、朝ごはんに食べたクレープもお昼のパンもとても美味しかった。
020.JPG
073.JPG

夜行で往復するという強行なスケジュールでしたが、
友人から紹介されたガイドのリョーシャのお蔭で充実した思い出深い旅になりました。


posted by strauss at 14:01| モスクワ ☀| Comment(0) | モスクワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

めぐる

今年も広島原爆記念日がめぐってきました。
日本と海外を行ったり来たりしていると、何が大切なことなのかぼやけてきてしまいます。
多分周りの被爆した人が全員鬼籍にはいったからかもしれません。
気持ちをしっかり持たねば!

永遠の火やけふもあり原爆忌
posted by strauss at 15:25| モスクワ | Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

夜行列車で1

ヴォログダという、レースで有名な街へ行ってきました。
往復夜行列車の弾丸ツアー(街ではあちこち行きましたけど)
003.JPG
定員4人のコンパートメント。左右に上下の二段ベッド。
002.JPG
駅舎はお城みたい。街は小規模です。
012.JPG
013.JPG
案内板も整備され早朝にも関わらず道路にゴミがない!
030.JPG
清掃車やゴミ箱の清掃員の姿を見かけました。観光地としての心構えができてる!
下はひろびろとした革命広場
025.JPG
クレムリン(城壁という意味。小さな美しい教会が集まっている)
039.JPG
040.JPG
045.JPG
ヴォログダの古い建物を移築した公園。、昔の農家やバター製作所、サウナ、など全て木造で、内部も懐かしさを感じる造り。
092.JPG
082.JPG
081.JPG
牧場のような広々とした空間には羊や人懐こい子山羊、馬もいました。
085.JPG
102.JPG
103.JPG
104.JPG

久々に夜行列車の旅。遅くまでおしゃべりして、とても楽しかった。
今このタイミングでこんな旅ができたこと、幸せに思います。

ヴォログダはレースで有名。
次は緻密な美しいレースを展示する博物館を紹介します。





posted by strauss at 21:38| モスクワ | Comment(0) | モスクワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

お引越し♪

一年ぶりの更新!!
あれから日本とモスクワを2往復しました。
その内の一回は足首を骨折して手術のための帰国でした。
まだ足首の角度は戻っていませんが、来年の9月で一年になるので、骨に入れたスクリューと金属板を取る手術をせねばなりません。
ということで、またこの秋には帰国しますが、その前に大仕事!
9月初めにオマーンへへ赴きます。
初めての中東。(イランへは遊びに行ったことはある)
ワクワク、ドキドキです。

落ち着くまで、また更新が滞ると思いますが、
密やかに続けますので来ていただければ幸いです。

写真は先日モスクワで行われたフェンシング世界戦手権。
試合は男子フルーレ団体の順位決定戦。
太田選手はフルーレ個人で金メダルでした。快挙ですね!
団体の方は惜しくも準々決勝で敗退。7位に終わりました。
002.JPG
006.JPG
posted by strauss at 16:56| モスクワ | Comment(0) | モスクワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする